「15の夏」ではあまり書かなかった、仕事としてのパソコンのことを書こうと思います。
 
 何を隠そう、ワタクシはパソコンを習ったことがほとんどありません。このサイトを作り始める直前、18時間×2の講習を受けた以外は全部、自己流です(^_^)v。それで今、仕事に役立てることができているのは、ラッキーが重なったとしか考えられない。そしてそのラッキーをつかむべく、ギリギリの場面で泣きそうになりながら(T_T)身につけた知識。

 今の仕事につく前は、いくつもの人材派遣会社に登録して、短期の仕事をしてました。フリーターみたいな感じで、仕事のある時だけ呼ばれて行く、ない時はぜんぜんないヨ!!(-_-;)という状態。パソコンのスキルもかなりハッタリ気味に売り込んで、「何でもできます!何でもやります!」と公言してた。そうじゃないと仕事が来ないと思ってたからねーー。

 初めは販売関係の仕事とかが多かったけれど、ハッタリのおかげで時々インストラクター補助の仕事とか入り出して、その時は事前にテキストを借りて必死で勉強しました。ところがイザ本番にのぞむと、知らないことばっかり聞かれて、身も心もボロボロになって帰って来たこともあったなぁ。

でも、そこで身についたことは今でも役に立ってます。エクセルなんかパソコンに入れているだけで、ほとんど使ったことなかったのを、必要に迫られて一夜漬けならぬ三日漬けして覚えたのです。あのときが、私とエクセルの運命の出会いだった。

 とにかく恥をかいたこと、苦労したことは確実に身につきます。カンタンに教えてもらったことは、カンタンに頭からすり抜けてしまう。だから皆さん、恥をかきましょう。人前で冷や汗をかきましょう。そして家に帰ってから必死で調べましょう。かなりハードな勉強方法だけど、私には一番これが性に合っているみたいです。。。

  

2003/7/9