口から出てしまった言葉は取り消せない。割れたお皿は元にもどせない。失った恋は戻らない。人生は取り返しのつかないことだらけです。「なかったことにしてくれーー!!」と叫んでも、後悔先に立たず。後で悔やむから後悔っていうんだね、なんて言ってみても冷たい風が吹くばかり。

ところが、パソコンの世界ではこれができる!!
 たいていのソフトには「元に戻す」という機能がついています。ワードやエクセルならば、矢印がUターンしているようなボタンがついています(下記参照)。これを押すと直前にした動作を取り消して、一つ前の段階に戻ることができる。さらにもう一度押すともう一つ前の段階に・・・ものによっては20段階くらいも戻れたりします。また、このようなボタンがついていないソフトでも「編集」メニューの中とかに、たいてい入っています。入っていないソフトは・・・使わないようにしましょう(^_^)v。

初心者向けのテキストでは、まず一番にこの機能を大きくとりあげるべきだと思っているのですが、あまり見かけないですねーー。これが使えるとなると「間違ったらどうしよう」のプレッシャーは半減して、確信はないけどとりあえずやってみよう、の前向き試行錯誤ができる。パソコンは習うより慣れろの世界だから、試行錯誤した人ほど上達が早いです。教室に習いに行くよりも、本を買うよりも、「元に戻す」を活用する方が安上がりだし(^_^)v。

さらにもう一つ、「元に戻す」をキーボードからワンタッチでできる方法もあります。コントロールキーを押しながら「Z」(ひらがななら「つ」ですね)を押す。これを覚えると目にも留まらぬ速さで元へ戻せるので、人前で操作するときも恥をかかなくて済むんですよねーー。

 こんなに便利な「元に戻すボタン」ですが、使いすぎると一つだけ困ったことが起きます。それは何にでも「元に戻すボタン」が欲しくなってしまうこと。コピー機に「元に戻す」があったら? 自動販売機に「元に戻す」があったら? 炊飯器には? 自動車には? ・・・ 人生の「元に戻すボタン」を探し始めたら、あなたも立派な「元に戻す」症候群かも?

2003/6/30