マクロでまっしろ

  マクロ? もちろん知ってるよ。一連の操作をそのまんまエクセルに覚えさせて、次からは一回の操作でできるように自動化するヤツ。作り方も、使い方も知ってる。でもさー、そんなことしなくても、「一連の操作」をその都度やっても用事は済むわけでしょ? いちいち登録とかするのメンドウだしぃー、あんましイミないじゃん?

・・・今日までそう思ってました。人に使ってもらうための書式とかは、「一連の操作」を覚えてもらう負担をなくすためにマクロにまとめて、さらにボタンに登録して、という手間をかけることもあります。でも自分が使うんだったらそんなメンドウなことしなくても、手動で一連の操作をすればいいと思ってた。

 ところが、今朝ふと思ったこと。

エクセルにはセルを結合すると移動できないという決まりがあって、うっかりやろうものなら「結合したセルの一部を変更することはできません」と冷た〜いメッセージ。ぶつぶつ言いながら「右クリック→セルの書式設定→表示形式→セルを結合するのチェックをはずす」。それで移動してからまた、結合し直す。これがいやなんだよねーー。家のはXPのエクセルだから結合ボタンの戻しで一発で結合解除できるのに、職場のはもう一段古いエクセルだから、まどろっこしくてしょうがない。

 今朝も急ぎの仕事で何度もその場面があって、なんとかならないか・・・で思いついたのがマクロ。マクロにこの操作を登録して、ショートカットキーをCtrl + k に設定。これでセル結合をワンタッチで解けるようになりました。うーーん、めぐちゃんエライ!!

 うれしくなって、入力していたシートにある結合セルを手当たり次第に解いていきました。どの位置からでも問題なくマクロは動いて狙い通りの結果が出ています。ヤッター!! 調子に乗って全部の結合を解いてしまって、表は原型を留めないまでになったけど、お得意の『元に戻す』があるから大丈夫!!

  と思ったら・・・ ん??『元に戻す』が効かない。がーん!! またひとつひとつ結合させていかなきゃいけないの? 昼までに仕上げないといけないのに。マクロでした操作には『元に戻す』が効かないということを、この時初めて知りました。頭の中はマクロならぬマッシロ。マクロで真っ白・・・

  さてこの窮地を私がどうやって切り抜けたかは、次回のお楽しみです。
  いやぁ〜エクセルってホントにいいもんですね。サイナラ、サイナラ、サイナラ・・・


2003/10/09