エクセルを使っていて、セルに入力した数字がいきなり「1999/12/05」なんてなってしまって驚いたこと、ありませんか?

 前の上司がそれでエクセル嫌いになったらしいです。初めて出勤したときパソコンの横に「数字が日付になってしまった時の直し方」ってメモが貼り付けてあって、苦労がしのばれました。簡単な表なんかをエクセルで作ると怒られたものです。わけがわからないから使わないでって。今思うと一種のトラウマだったんだろうなあ。

 そのメモに書いてあった方法は「セルの書式設定」で表示形式を標準に戻すというものでした。それも正しいやり方です。でも半角で「/」スラッシュとか 「-」マイナス記号なんかを入れると、またもやエクセル君が気を利かせて表示形式を日付にしてくれる。それでまた「セルの書式設定」で直して、また日付形式にされて・・・原因がわかってればいいんですけど、何度もそうゆうことをしてたらかなり辛い。それに、どうしてもここには半角のスラッシュを入れたい、という場面もあります。

 そんなときの一発解決方法は「’」アポストロフィーを初めに入れて「’9-03」のようにすること。これでエクセル君はもう迷いません。勝手な解釈で気を利かせることなく、ありのままを受け止めてくれるようになるのです。マイナス記号で始まるものだって、これでOK。アポストロフィーで解決です。
 
 エクセル君の頑固なところは、半角の数字や+、−、=、/をすべて計算できるものと思い込むところ。「0888」なんて半角で入れると数値と判断して、勝手にゼロを除けて「888」になってしまったりするけど、これもその癖のせい。

  そもそも、セルの書式設定をきちんとしておけば、こうゆう苦労もないんだろうけど、なんせエクセルは壊れやすい。いや、プログラム自体はいたって頑健なんですけど、人から作ってもらった表などは、初めの意図と違ったものになってしまうのにさほど時間も手間もかからない(-_-;)。
 
 「普通に」コピー貼り付けやオートフィルをしたときに、書式設定までコピーしてしまうのが、その原因だと思います。その後でセルの内容を消して違うことを入力したときにアレレってなってしまうんです。慣れるとそれを逆手にとって、「普通に」コピーしておいて中味を消して書式だけ生かす、なんてワザも使ったりするのですが・・・

 「アポストロフィーで、ありのままの私を見て」。何かととっつきにくいイメージのエクセル君とも、これでわかりあえるかな?

2003/7/1