もともとは、色々なところに投稿して、そしてほとんどがボツになったエッセイや
短いストーリーをまとめてみた、一種のリサイクルコーナーだったのです。
ところが、このコーナーを気に入って応援してくださる方々に励まされて(おだてられて?)、
だんだんと作品数も増えてきました。
長いものは書けないので短いのばかりですが、
日常生活から少しだけはみ出した、一口サイズの白日夢を味わっていただけたらいいかな、
・・・と思っています。
 
 
Another Story 1
一年間のお蔵入りを経て、やっと公開にこぎつけた秘蔵ストーリー・・・ってことでもないんです。要は仕事が遅い!ってコト(^_^;)
Another Story 2
50代は第二の青春、なんだそうです。 第二の青春に悩める成年男女に贈る、ラブストーリーです。新しい試みでBGMをつけてみました。(2005年5月)
名前
一生使う大事なものなのに、自分で選べないもの・・・それは、自分の名前。 (2005年4月)
Perfect Lover
もしかして、あなたはマユミさんでは、ありませんか?・・・ (2005年2月)
My Elephant
ゾウは鼻が長い・・・のは当たり前。 僕のゾウは話しが長いのです。(2005年2月)
世界に一人だけの、ねこ 1 2 3 4
飽きっぽい、わがまま、放浪癖、一人が好きな寂しがり屋。そんな私がなりたいものは、やっぱりねこです。 注:少し長いので4つに分けています。 (2005年1月)
哀れ蚊
蚊によくさされます。いろいろなところを刺されます。かゆいです(^_^;)。 (2004年10月)
傘は待っている
傘をよく忘れます。いろいろなところに忘れます。
そんな傘たちは今、どうしているのだろう・・・ 
(2004年8月)
満月
超短編純愛物語です。宗教とか死生観とかそうゆう重いものを扱うつもりはぜんぜんナシ。
書きたかったのは・・・単に女心、です。雰囲気的にはちょい江國香織風かな(ねらったわけじゃないです)  
 (2004年6月)
青空
エッセイじゃなくて詩なんですけど、トップページの模様替えでこちらに移転しました。 (2003年6月)
良心市
思いつきで書いたので、「ですます調」と「である調」が混ざってたりしますけど、なんとなく自分では味がある文章だなぁと思ってます。 (2001年5月)
おかあさん10周年
今思えば、一種のマタニティーブルーみたいなヤツですね。あのころの私はホントに幼かった。(今も、かも知れません)。これも実は投稿した作品なんだけど、ボツでした(-_-;)  (2001年5月)
真夜中のティータイム
夜更かしは楽しいです。洋菓子舗WESTのパンフに採用されました。 (1997年頃)
もっとがんばらないで

真夜中のティータイムと同じく(^_^)v。背景の画像がおもしろいので見てやってください。(1999年頃)

ゆめビデオ
同上に応募するもあえなくボツ。自分では気に入っている作品なんだけど・・・  (1999年頃)
未来の冷蔵庫 冷子さん
東芝の冷蔵庫アイディアコンテストで賞を頂きました。 (1998年頃)
きっと、また会える
自分では「童話」のつもりで書いたのですが子どもに言わせると「これは怪談だ」そうです。
何かの童話大賞に応募したのですが、きれいさっぱりボツだったのは、きっとそのせいでしょう。
(1999年頃)
辞書引きチャンピオン
これも何かに応募したのですが、何だったか忘れました。当然のようにボツ。(1999年頃)
子育て講演会のてんまつ
恥をしのんで出します。「もっとがんばらないで」とあわせて読んでいただけると、めぐのダメ母ぶりがよくわかると思います。(1999年頃)
書き直せなかった読書感想文
気合入ってるなぁ。もうこんな文章は書けないと思う。
文芸春秋かなんかで入選しました。      
(1999年頃)